DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0132_ 平成最後の関西空港利用手引き①

私が海外赴任のための渡航関西空港

利用した日は2019年4月1日。フライトは

マレーシア航空53便、9:55に飛び立った。


航空機搭乗ゲートエリアに設置された

大型テレビでは、あと1時間で新年号が

発表されるという報道が忙しなく行われており

しかしながら周りを見渡せばタイ人、ベトナム人

中華系マレー人など日本人以外の比率が高く

どうもこの新年号発表前のドキドキ感は薄い。


ともあれ新年号は私が空の上で、機内食

頂いた後、読書をしている頃に発表された。


勤め先の工場や親戚たちなどはその知らせを

どれほどタイムリーに受け取っただろうか。


今回私がお送りする内容は、旅する技術者向けに

お伝えしたい、関西空港の利用手引きである。


華やかなOL達のバカンス向きではないが

何かしら為になる着想があれば幸いである。


まず、関空へ到着するとカートを使用する。

リュックもスーツケースもカートで運ぶのだ。

理由は簡単、長く使い続けたいスーツケースを

劣化させないためと、体への配慮だ。


昔よく一緒に旅をした技術者、ガジュ氏は

あのカートは英語がペラペラな国際人か

芸能人しか使ったらあかんやつやと言っていたが

英語はぼちぼちな一般人ほどオススメしたい。

※英語力はカートにはなんら関係はない。


機械的に考えて20kg、30kgのスーツケース

プラスチックやゴムでできた車輪で運ぶ。更に

空港内には段差がある。そこがミソだ。


仮に直径4cmのタイヤが4つついたとしよう。

また30kgの荷物の重量分布は、均等でなく

どれか一つの車輪に重さが集中するのだ。


それが一つ、二つ、と段差を越えて行くたびに

車輪を支えている機構に重圧がかかる。

特に前(進行方向)側の二つに顕著だ。


あとは面倒なので細かく言うことはないが

段差を超えるのにタイヤはデカい方が良い。

カートのタイヤは、少なくともスーツケース

よりは大きく頑丈なのだ。だから使う。


チェックインを済ませる頃には荷物は

航空会社に引き取られるが、25kgを超える

荷物は航空会社の免責になることがある。

重いものは車輪のない段ボール箱で運ぶとか、

何もスーツケースに全てを託す必要はない。


便利なものほど失うリスクはでかいのだ。

段ボールで旅をするなら余分な荷物は減り

また目的地までの移動手段も慎重に選び、

準備を嫌でもするだろう。私は段ボールを

使ったことはないが準備と移動にかける

費用はケチらないと決めている。


空港へ到着してカートを使用するまでで

ここまで長々とかかったが、②以降も

細かな注意点や旅慣れた私の視点を

平成最後の決定版旅行モデルとして記録

したいので、以降もお付き合い頂きたい。


出発前の荷造り術も文章にして残したいが

これはかなり一子相伝の秘伝のたれづくり

のような作業なので、自分の娘や息子に

ノウハウを教えることを通じて言語化したい。


できるかぎり荷物は軽く、最小単位で準備し

足りない分を旅で補うことが大事である。


これから慣れない旅をしようとする方や

旅に慣れた技術者が他人の旅を知りたいと

思っていらっしゃる場合などに

この①~③までのつたないこだわりを

吟味して来たる旅の刺激にして頂きたい。