DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0244_病院での待ち時間

f:id:DAZAIFIC:20191115141818j:image

 

マレーシアの工場勤務では

毎週金曜日に2時間の昼休みがある。

 

これはイスラム教徒のためのお祈りの時間だ。

中華系・インド系・日本人たちはこの2時間

祈ることはなく、何をしても良い。

 

私はその時間を使って病院へやってきた。

そこで不意に起きた出来事を記録する。

 

昼の診察は13:00からだと聞いていたので

12:30に診察の受付をすべく、上司に許可を

もらって、(祈る人たちで)渋滞が始まる

12:00よりも前に職場を出発し、12:00過ぎに

病院へ到着した。保険適用に関する様式に

記入するなど受付を完了させ、Dr.を待ち始めた

のは12:10ごろだった。50分待つが仕方ない。

ところが、12:10に受付をしてもらった方が

13:00に私の名を呼び、私へ言ったのは、

「Dr.は14:30に来る」ということだった。

 

なぜ50分前に受付した時に言ってくれなかった

のだろうとやや不満に感じるも、別日で約束を

取っても同じような齟齬があることを見込み

再度上司へ許可を頂き、そのまま待つことに。

 

幸い、軽度の腰痛のために来たことで

緊急を要する症状ではなかった。

しかしそれにしても1時間半の待ち時間は

長すぎる。どうしようもなく長いのだ。

 

グランドフロアのスタバへ行ってもよし、

座って寝てもよしと言われたが、病院の敷地内は

広いので無駄にあちこちへ動く気はしない。

椅子に腰掛けても1時間半も寝られない。

 

そこで、機転をきかせて受付の女性に

「横になって寝られるところはありますか」

と聞いてみたのだ。添付の写真は、その後に

用意してくれたベッドだ。空いている診察室が

あったのでここで寝ていいよと言ってくれた。

 

そこで私は14:30が来るまで、じっくり寝た。

思いがけない昼寝の時間は薬よりも良い。

 

その後は診察や薬の処方などが滞りなく

行われたが、それでも全て終わったのは15:30。

 

診察を相談した際に上司に

「それなら午後休暇を取りますか」と

言われ、診察だけだから要らないと言った

自分は浅はかだった。ここは日本ではない。

 

受けた医療やサービス全体にはとても

満足しているが、やはり時間の流れはゆるい。

 

日本の電車が遅れないことをマレーシアの

人間たちはとても不可思議に思うようだが

全ての要素が時間通り働き、"1秒の遅れもない"

というプレッシャーの中で客も担い手も

生きている日本人だからなし得るのが

あの電車やバスの時刻表通りの運行なのだろう。

 

同僚たちへ14:30には戻るよと伝えて、

実際は16:30だったのは苦い思い出になったが

アジアを知り、日本を知る。という意味で良い

機会になった。時間読みの際、東南アジアでは

半日ほどプラスで考えるのが良い。