DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0254_マレーシアのトイレ事情

バンコクへ行くと感じるのは、

クアラルンプールはトイレが汚いということ。

おしなべて、ではあるが。

 

タイにせよマレーシアにせよ

日本と違ってローカルエリアへ

行けば行くほどにトイレは汚くなる。

 

多くの日本人には耐えられないような

トイレを私は今までに多くみてきた。

 

f:id:DAZAIFIC:20191224160243j:image

 

いけのほとりにある男性用トイレの横で

壁も何もない隣でミャンマー人女性が

水仕事をしていたり、とにかくさまざまな

トイレを過去に経験してきた。

 

今日は仕事納めだ。忙しく仕事をする中で

この一年の振り返りなどをしていた。

 

その中でやはり、勤務先の工場のトイレは

目に見えないストレスだったなと気がついた。

 

まず、誰か知らんが平気で10分くらい占有し

個室のトイレの鍵がずっとかかったままに

なっていること、ようやく空いたと思ったら

流されていなかったこと。

 

あいつはそんなことしないと言える仲間は

10人以上いるのだが、誰がやったのか分からず

また他の同僚にぼやいても何も返ってこない。

 

だからどうしようもなく休憩時間にブログの

記事として残すことにしたのだが。。

 

海外駐在一年目の年末が来る。

とても華々しく活躍でき、成長でき、

さらには家族との海外暮らしも楽しめている。

 

しかし全てが完璧に望みどおりではない。

とくにトイレは、だ。ガッカリが多かった。

 

我慢するところはとことん我慢して

帰国の際に美しいトイレを楽しもう。