DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0327_鶏の部位と値段の話

f:id:DAZAIFIC:20201119140308j:image

 

マレーシアの鶏には12の部位があり

主に四つ使われるという。価格はおよそ

1.2kgの丸買いで20リンギット(約550円)か

その上下で購入可能、200gほどは捨てる

箇所になる。という話を技術者から聞いた。

 

これがとてもわかりやすく感動した。

 

自分ならこれを、"そこそこ使える部位が

多くあり、値段はそう高くなく、捨てる部位は

そんなに多くない。"というような曖昧な表現に

なったかもしれない。

 

数値を交えて話すことそのものが、

物事を捉えられているかどうかだ。

 

ちなみに、鶏胸肉はチキンブレストと言うが

日本なら相場は片方の胸だと思う。

マレーシアは胸肉を頼めば両胸くるので

頼みすぎに注意だ。頼みすぎとは?そう。

 

コロナの影響での外出規制も手伝い、

かなりの機会が増えているのが、DMでの

マーケティングである。Whatsappという

LINEのようなコミュニケーションツールを

使い、販売者と直接やりとりをする。

 

販売者とは友達とやり取りするように、

胸肉何g、いつ入荷分と頼み、大方の販売者は

自宅までそれを運んできてくれて、

物と引き換えに現金で支払う。

 

鶏屋がいて、パン屋がいて、野菜屋がいる。

他にも弁当屋やお菓子屋も、小額の取引から

自宅まで届けてくれるサービスを、

日本人にとっては破格といえる価格帯で

受けることができる。本当にありがたい。

 

マレーシアだけでなく、在外国の日本人の

中には、こうしたローカルのお得情報を得られず

不便していて帰国を考える、実行する人もいる。

 

自分たち家族は今、繁忙もあり帰れない。

だから嘆くのではなく、生活を工夫する。

 

困難に直面した時は、誰かブレークスルーを

実践している人の真似をすればいいのだ。

最低限の語学力があれば、何でもできる。