DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0146_マレーシアの金曜日

マレーシアの金曜日の春休みは2時間ある。

マレー系(イスラム教徒)が人口の約60%いて、

彼らは金曜日昼に特別なお祈りをするのだ。

 

祈りの文化はまたどこかの機会で記録するとして

私の昼休みの過ごし方の記録にしたい。

 

いつもは45分の休憩時間なので、会社から

車で5分ほどのところにある店で済ませるが

金曜日は近くの店でもちょっといいものを

食べたり、たまには少し遠出をして

美味しいものを食べにいくのだ。

 

毎日同じ顔合わせで、マレーシア人社長、

日本人部長、日本人先輩と私の4人で行く。

 

今日は社長が「バクテー行くか?」と言い

勤め先のあるシャーラムから車で30分の

クランというところまでバクテーを食べに行った。

 

店の名前はTELUK PULAIというところだった。

金曜の昼、多くのイスラム教徒がマスクで

祈りをするその間、中華系日系は人気店の

喧騒の中、幸せそうに豚をほおばるのだ。

イスラム教徒は豚を食べてはいけない。

 

金曜日の過ごし方はこの駐在生活の中で

何かしら特別にしていけそうな気がする。

 

敷地内にハンモックを用意しての昼寝や

自分でポッドキャストをこしらえての

マレーシア週報ラジオってのもできそうだ。

 

しばらくはこのありきたりだが私には新鮮な

マレーシア式の金曜のまどろみの昼を満喫し

気持ちよく週末を迎える駐在員になろう。

 

ちなみに二回行ったことがあるブルネイ

行政機関や郵便局などの公共施設は金曜日に

閉まっている。週休三日な民族がいるのだ。

無論、勤勉な中華系は金曜も土曜も商売を

しているのだが、インドネシアはどうなんだろう。

 

なんとなく、マレーシアとインドネシア

日本と韓国のような似た雰囲気を感じる。

 

今までタイへは遊びや仕事で何度も行ったが

マレーシアからタイへ行くとまるで異国。

正直ホームシックになる。ホームシックというか

マレーシアに帰りたいという気分になる。

タイ出張はこれからもあるだろうから

タイ報告もブログでしていこう。ゆるく。