DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0242_息抜きとして働くには

11日間のタイ出張が終わり、仕事は

大きな仕事の谷間、少し平和な時期が

流れている。この2週間で与えられた仕事は、

もう熟練している仕事だ。なので気が楽だ。

 

私は慣れた仕事はすぐに退屈に感じ

新しく難しい仕事をやりたくなるタイプだ。

 

マレーシアへ赴任後は、全てに挑戦のある環境で

挑戦するだけでなく責任の範囲も大きい。

 

それが何ヶ月も続いてきたので、その重圧と

孤独感などで少し気が病んでいたことに気づく。

 

とはいっても仲間も会社もかなり後方支援を

してくれるため、いつも放ったらかしではない。

 

今回息抜きとして働くというタイトルにした。

この2週間の仕事は息抜き程度の難易度で

悩む必要がない。それは本当に気が楽である。

 

これなら息抜きのように出社して、

出来ることをして、評価もされる。

本当に誰でも簡単に出来る仕事ではなく、

自分なら熟練しているから悩まないという仕事だ。

 

この熟練領域を増やしていくことで、

やがては仕事そのものに悩むことも焦ることも

ストレスや孤独感に苛まれることもなく

息抜きのように仕事ができるだろう。

 

今はマレーシア工場勤務のエンジニアとして

8:00から20:00まで拘束されることが通例だ。

これがいつかは時間的な拘束時間が減り、

自分が苦心して体得してきた経験を共有し、

工場全体の生産性向上に寄与していきたい。

 

与えられたからやるというだけのスタンスでは

遠く美しい未来の世界は見えてこない。

今やっていることの熟練が見込めた先には

更に種類の違う難しい仕事へ臆せず挑戦し、

それが慣れてくる頃を見越して更に先の目標を

設定する。ものづくりを担うエンジニアとしての

私のキャリアにはこれからもこの循環が続く。

 

本当に苦しく悩ましい時には、

それと向かい合って逃げないことだ。

 

苦しいからといって息抜きに逃げてしまったら

その種の人間としか仕事の同期が合わず

結局非効率で甘えた仕事を持つことになるだろう。

 

甘えを経って、自分を律するのだ。

今日何分間の仕事の無駄があったかを

振り返るだけでもかなりの成長は見込める。