DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0025_来客は幸福を運んでくれる

「来客は幸福を運んでくれる」

 

留学生のホストファミリーを経験した際、

フェアウェルパーティーにて挨拶された

先輩ホストファザーがおっしゃっていた。

来客は遠ければ遠いほど大きな幸せを

運んでくれる。喜んで受け入れたい、と。

 

私が初めてアメリカでホームステイを

経験したのは2007年、その際、仲良くなった

ホストファミリーとは家族ぐるみでの付き合い

が10年以上今も続いている。私はその2007年の

渡米(1週間程度の交流事業)を機に、

自分もいつか所帯を持って家族で

アメリカ人留学生を自分の家に迎えたい。

そう決めた。10年かかったが、2017年に

その夢は叶えることができた。

 

スタンフォード大学へ通うアメリカ人留学生

との3ヶ月の生活は本当に楽しく、当時2歳で

言葉を覚えつつあった娘は世界の広がりを

さぞかし楽しんだことだろうと思う。

以来我が家では積極的に人を招いている。

来客が、幸福を運んできてくれるからである。

 

アメリカ人留学生との交友は、別れの際に

今後毎月5日にビデオ通話をしようと約束し

それ以来、毎月一度顔を合わせて話している。

※彼女の日本語能力は日本人顔負けである。

 

本日は5日で、サンフランシスコの日曜夕方、

日本の月曜朝、というタイミングで約束。

7:30にしよう、と決めていた。

 

しかし、娘がおねしょ…というのか、

朝起きてソファでのんびりして、

いきなりトイレに走り出したが間に合わず

廊下でもらす。という事態が発生した。

その時7:30を回っていたが、気がつかず。

昨日の朝も全く同じことが起こり、

かなりこっ酷く叱った翌日のことだったので

妻も私も(0歳の長男は熟睡しており)

なぜそんなことになるのか?と呆れた状態。

 

手分けして床を拭いて着替えさせて、と

娘も相当落ち込んだ様子だったところに

彼女(留学生)からの着信が。慌てて取る私。

やや重い空気のまま通話を始めたが、

最近の出来事やお互いの旅行の計画など

楽しく話す中で少しずつ解きほぐれる空気。

 

娘の話の中で実はついさっきおねしょをして

娘を叱っていたところなんよ、と伝えたところ

「大丈夫大丈夫。私も6歳までやってたよ笑」

と娘を妹のように可愛がってくれている、

彼女らしい明るい励ましの言葉に、少しずつ

笑顔がにじみ出て、最後にはおどけて

幼稚園のお遊戯を見せるほど、元気に。

 

お調子者だな。と笑うしかない夫婦だったが

娘を元気にさせるのに、救われたなと感じた。

近頃、共生や住まいの多様性など、

さまざまな形の家族構成があると聞く。

 

私はこれからも妻と二人の子どもを

養って生活を少しずつ豊かにしていきたいと

心から願っているが、家族の枠にとらわれず

来客を大切にして人の繋がりを広く、濃く

していくことを、これからも続けたい。

 

また、私も可能な限り、世界中にある

たくさんの家に、来客として幸福を運び、

学びを日本に持ち帰る人生にしていきたい。