DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0020_冷酷で悪質な人の本性

妻の勧めで昨晩、性格診断なるものを

インターネットで受診。その結果を投稿します。

 

URL:

https://www.16personalities.com/ja/性格診断テスト

所要時間:受験に15分、結果ページ閲覧に10分

 

30分ほどあれば結果まで見られるので

是非お試しの上ご感想を身近な誰かと

共有してみて下さい。自分の性質を知るにも

きっといいと思います。

 

おそらく英語圏内で作られたものの

日本語訳でページが構成されているため

言葉は少し難しく感じましたが、いくら

結果が素晴らしくとも漢字を知ったかぶり

しながら読み進めるのはもったいないので

辞書片手に行うのもいいかもしれません。

 

さて、私の結果は「指揮官」でした。

要約するとビジネスリーダー向きで、

全体の3%がこのタイプにあたる、と。

解説の中では非常に腑に落ちるところも多く

私が何か買う時や見積もりを取る時に

信じられない程営業担当の一挙一動や

見積もりの項目ごとの是非についてうるさい点、

無情なほど合理的な点など、

なるほど文字で読むとこれが納得する

自分だ…としみじみと解説が身にしみた。

 

前向きに捉えると、成果や勝利につながる

目標や努力といった、自分のテーマにして

毎日を過ごしているところがあたっている。

後ろ向きに捉えるのはやめときます。

 

組織で活動をしていれば、大なり小なり

集団で責任や成果を共有することとなるが

その集団を率いる者がこうした指揮官タイプ

でないこともきっと多いだろうと気づいた。

なぜなら、全体の3%しかいないからである。

 

世の中に生息する人の種類はまんべんなく

均等ではないことがわかる。もし16種の

性格がまんべんなく存在するなら、一種あたり

6.25%となる。しかし、これは自分が社会を

見ていて感じるのは、世の中の人の大半は

平和を一番に好み、後方支援的な立場を喜び

同調圧力に対しても異論を呈さない。

その人口は全体の半数を超えるだろう。

 

その中にない人は、前線で闘っている。

闘って敗れ、

闘い続けている風の人もいる。

私はもしかしたら後者かもしれない。

 

人が見た性格診断と、

このようにシステマチックに分類されるそれは

結果が異なるが良い点もある。

 

話は戻って今回のタイトル、冷酷で悪質な人。

そう見える人はおそらく私と同じ、指揮官

タイプの方なのでしょう。自分が分類された

タイプと別のタイプも閲覧可能なので是非。

 

次回は性格の見方、見られ方、

アイデンティティとは何か。世界を旅して

感じたDAZAIFICなりの考察を伝えたい。