DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0285_BEGBARDURはどこにある

マレーシアの郵便の話。

 

f:id:DAZAIFIC:20200308093428j:image

 

2020年3月現在流行しているコロナウイルスにより

日本マレーシアともフェイスマスクの入手が

困難になっている。

 

私の子どもが通う日本人学校では、

ウイルスの広がりを懸念し、児童のマスク着用を

義務とした。対策はよいが、マスクは入手困難だ。

 

それを聞いて心配した奥さんのご両親が、

わざわざ時間とお金を使って日本からマレーシアへ

郵便でマスクを送ってくださった。

 

ところが、それがなかなかに届かない。

あまり焦る事なくかまえていた私たち夫婦だが

送って下さった側は気が気でなかったらしく、

日本の郵便に発想状況を確認された。

すると、もう届いた事になっていると

なっていたらしく、私たちには届いていない。

 

国際郵便は個別の案件番号を持つので、

その番号を、マレーシア側の郵便制度が持つ

追跡機能でもってインターネット上で確認した。

 

そこには現在の配達状況として

BEGBARDURに既に届いている、となっていた。

 

ベグバードゥアー?どこだそれは。

グーグルマップやWazeの地理情報で調べたが

何も検索される情報はない。

 

もしかして、高値で転売するためにマスクだと

分かった誰かが盗んだのではないか、と

妻と疑ってしまった。しかし結果的には

BEGBARDURは、住んでいるコンドミニアム

守衛さんの一人の名前であった。

 

友人のローカルマレーシア人に尋ねると

どこじゃなくて、誰だよ。これは多分人の名前、

普通はコンドミニアムは守衛さん(ガードハウス)

に渡しておしまいってことが多いよと聞いた。

 

守衛さんとは毎朝毎晩顔を合わすが、

お互い名前を知るわけではなく、ましてや

ガードハウスが一時的に預かってくれているという

常識がかけていたがために、マレーシア人の

配達屋が盗んだのではと疑ってしまった。

全く恥ずかしい話である。

 

マスクが届いたので無事に着用義務を

果たして生活をできているのだが、人によっては

使い捨てマスクを洗いながら使わざるを得ない

という声も聞く。日本人の同調圧力は異常だ。

 

致死率3%(私よりは20%)という新型肺炎の猛威。

でも、騒ぎすぎなのではないかと私は思う。

 

ともあれ、2020年は東京オリンピックの開催年だ。

日本はコロナウイルス発生年の2020年前までは

立派な先進国だった…と自分の子どもたちに

伝えるような未来が来ないことを願い、今は

自分は技術者としての職責を全うしよう。

 

春にはどうか収束へと向かってほしい。