DAZAIFICの、ガツンとゆるい所感

機械工であり、二児の父であり、世界20カ国で遊んだり仕事した旅人がお送りする、仕事や生活での気づきや学び。毎朝7:30に更新していき、1000件を目標に記述を残します。

0257_ベトナム出張の記録

今週はベトナムに出張で来ている。

 

f:id:DAZAIFIC:20200109120717j:image

 

職業柄田舎にしかこないため、

とくにこれといって余暇があるわけではないが

頭から傘をかぶった作業者を見たり、

車の窓から見えるベトナム語を見ていたりすると

やはり異国情緒はどこにでもあると感じる。

 

好きなVOICYのパーソナリティである

宮路秀作さんは自身の2019年の放送で

ベトナムの宗教の分布についてこう伝えた。

大道仏教が8%で、キリスト教が6%いる。

それ以外は無宗教だ、と。しかし私が来ている

町はあちこちに教会があり、建物にマリア様の

ような、洋風な像をあしらっている家屋を

多く見かける。刺青をしている人も多い。

 

これらの人口分布はやはり性格とは限らないと

実際に来てみて思う。それは情報が間違っている

のでは決してない。変容しているのだろう。

変容しているものを管理、統括している速度も

国や地域によってはまちまちだろうから

どんな人種が何%いるという情報は

あくまで目安の一つだ。本当のことは実際に

足を運んでみて感じて、調べて分かること。

 

さて、宗教についての捉え方を記録したが

私が最も印象に残っているベトナム

若い人が多いということだ。

 

私が関係している仕事が一次産業ということは

あるだろうが、15歳かそれ以下だろう

若すぎる人材がたくさん仕事をしている。

 

朝は9時前に郵便局に行くと、10人ほどの

小学生くらいの男の子たちが林の中で

サッカーをしているのも見かけた。

 

この国の人口は9000万人ほどで、半数は

都市部以外に住んでいるらしい。そう考えると

活気盛んな若い人口が地方都市にいることが

統計からも景色からも見て取れる。

 

韓国や台湾、そして何より日本に長くいた

私から見ると、元気なお年寄りが多い

ということがすごいことだと気づく。

 

自分は人生の中でいつまで若いとされるのだろうか

ベトナムに来ると33歳の私はさほど若くない。

来月には34歳になる。40歳になるまでの目標は

人生の円熟と、若さを保つこと、両方だ。

 

それを身をもって動機づけるためにこれからも

旅をして色々な社会にふれて内省していきたい。